無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

足の捻挫が腰痛や肩・首に悪影響!!

かがしま接骨院ー岐阜市鏡島

http://kagasima-home.a.la9.jp/

足関節捻挫は 日常よくみられる外傷です たかが捻挫と思い

放置しておくと 身体に様々な 影響を与えます

 足関節捻挫は症状により Ⅰ度~Ⅲ度に分類されます

   Ⅰ度   靱帯に対して圧痛はあるが我慢できない

         程でもなく 腫脹も少なく 歩行にて軽い

         痛みがある

   Ⅱ度   足関節の腫脹 靱帯に対しての圧痛強く

         歩行困難 靱帯の部分断裂を伴う

   Ⅲ度   足関節の腫脹圧痛 非常に強い

         痛みの為歩行不能 靱帯断裂 時として

         骨折を伴う事がある

 ー先日来院された (Oさん) は足首に違和感があり 

腰~臀部にかけて 痛みがあると来院されましたー

問診で 1年以上前 足関節の 強い捻挫をされ

病院で 骨には異常はない と言われ そのまま放置

していたそうです。(花粉症あり・過去に手術なし

当院の検査では 腰~股部は 右の股関節の 

外旋にて 痛みがありました 

右足関節に 腫れや圧痛はなく 足関節ストレス テストでは

上下の動揺が 見られました 歩行する時 足のけりが

弱く やや床をするように 歩かれます

 

右足関節の機能障害が右股関節~首へと移行するものと考え

(このまま放置されるといづれ肩・首へも影響します)

スパイラルバランス療法の股関節開排制限と

アレルギーの処置をさせていただきました。

その後(Oさん)には 週1回来院され治療と歩行指導を

させて頂いており 経過は順調です。            

20101218173926

排屈制限のテーピング20101218174457_2

                 開排制限が楽になりました 

 

            

手の虫様筋の運動療法で首・肩・手・腕も楽になりました。

かがしま接骨院ー岐阜市鏡島

http://kagasima-home.a.la9.jp/

以前 私は 永い間 「手の甲が 腫れっぽく 手を握ると 

指が重痛い」症状を持っていましたが 10年ほど前 

手首の骨折もしており 治療もせず放置して

おりました しかし 腕や肩までが 重だるくなり 

「中部スパイラルブロック講習会」にて 講師の武庫川接骨院

金井先生や チアキ接骨院の植手先生に相談したところ 

虫様筋(注1)の問題なので虫様筋の運動をして下さい。」

と言われ 虫様筋運動 (スパイラル運動療法の一部) を

したところその場で 手の握りが軽くなり  驚きました 

その後 2週間運動を続けたところ 手の症状はなくなり 

首や肩も軽くなりました。

虫様筋の重要さを 改めて知る 良い勉強になりました。

スパイラル療法は テーピング治療のみではなく 

様々な運動療法があり運動療法は ご自宅でも

 行っていただけます。当院でも 指導しておりますの

ご相談下さい。

(注1)  虫様筋・・・手の平 にある筋肉で指のつけ根の関節を

曲げる働きをします。

足の虫様筋と靴ひも

岐阜市鏡島 かがしま接骨院 

  http://kagasima-home.a.la9.jp/

前回の ブログで 靴ひもの結び方 について書きましたが

(先の方は緩めて 上の方はやや強めに 結ぶ)

これは 足の虫様筋を 圧迫しない様にするためです。

Photo

虫様筋には 錐内筋が多く存在し 足の微妙な動きを調整しています。

靴ひもによる 虫様筋の圧迫は 足指の変形だけでなく バランスを崩し

筋力の低下や 足の障害も おこしやすくなります。

また 最近の シューズは 足にフィットし アーチまで作られており 

歩いた時 自分の力を 必要としない位 性能が良くなっています。

しかし 靴まかせの 歩き方では 足は怠けてしまいます。 

結果 筋力は低下し障害の原因になります。

それらを防ぐには 踵から着地し最後は親指で蹴り上げ

大股で歩く事を習慣づけて下さい。

ー次回は 手・足の虫様筋の運動療法についてー

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31