無料ブログはココログ

« 肩甲骨と肩の痛み | トップページ | 腰痛&ひざ痛がみるみる軽くなる! »

スポーツ障害と身体バランス

岐阜市鏡島ーかがしま接骨院

http://kagasima-home.a.la9.jp/

良い姿勢とは バランスのとれた 姿勢と言えます。

人間は常に 上下・左右・表裏・等のバランスを 保ちながら

身体を 保持しています。

日常生活においても スポーツをするにしても 身体バランスが

崩れていれば 腰痛 肩こり 又は 運動能力の 低下から

怪我を起こしやすくなります。

20110716084413

スパイラルバランス療法は 体のバランスを 正常に保ち

運動能力を高める為の 三つの 基本を 上げています。

①顎を引く

  顎を寄せるのではなく 目線を平行にしたまま 頭を後に

  引きます。

  首が安定する事で 目の位置が 水平に保たれ 

  肩や腰の余分な 緊張が 抜けます。ブレのない 身体は

  安定を増し 足のストライドの伸びや 手の振りに 大きく

  影響します。 

②わきを締める

  腕を下に下げた状態で 立った時 右腕は 手のひらが 前を向き

  肘頭が 後ろを向いた状態で 「外旋 」

  左腕は 手の甲が 前に向いた状態の 「内旋」 つまり

  片方は 外旋 (わきを締める) もう一方は 内旋 (わきが緩む)

  事が 重要なのです。

  たとえば 野球の投球動作で ボールを投げる時 投げる方の

  肩が 前額面より 前方に出た状態で 上腕骨頭が 動く為

  肩を痛めます。この場合 反対側のわきを締めて 肩が 前額面より

  前方に出ないようにする必要があります。

③肛門を締める

  お尻の筋肉を寄せるのではなく 肛門を締める動作をいいます

  しかし その肢位での 運動は困難なので 下肢の位置を

  一方は 外旋位 もう一方は 内旋位とします

  これで肛門を締めたと 同じ 効果が得られ ジャンプ動作や

  格闘技での 足の裁きを 良好に 行う事が出来ます。

20110718195235

あらゆるスポーツ・ 武道をする上で これら三つの 基本が

成り立っています

正常な バランスが 保たれていれば 本来の 自分の力が

充分発揮できて 怪我や障害を 最小限に 抑えられます。

スパイラルテーピング療法は テーピングする事により

このバランスを 保つ事が出来ます。

一流と言われる選手ほど この三つの基本が身に付いています。

 

« 肩甲骨と肩の痛み | トップページ | 腰痛&ひざ痛がみるみる軽くなる! »

スポーツ・岐阜市・接骨院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肩甲骨と肩の痛み | トップページ | 腰痛&ひざ痛がみるみる軽くなる! »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31