無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

“肉離れ” スポーツや日常でもよく起こる 

かがしま接骨院ー岐阜市 鏡島

http://kagasima-home.a.la9.jp/

肉離れは収縮している筋肉が急激に引き延ばされ

筋繊維の一部が断裂しておこるものです

Image2_2

下腿部(ふくらはぎ)の肉離れはスポーツ以外でも

家庭の日常動作でも、あらゆる年代に起こります。

下腿部の筋組織はヒラメ筋の上に腓腹筋が被っており

治療をする上で、損傷部位が、腓腹筋か、ヒラメ筋か

見極めは大切です。

                        (ヒラメ筋)

K25_2

通常、肉離れを起こす筋肉はヒラメ筋ですが

腓腹筋損傷は 症状が強く アキレス腱近くの

断裂を伴う事があります。

症状によりテーピング 又はギプス、 松葉杖が

必要になります。

D子さんは、ゴルフの練習中に受傷されました

ヒラメ筋内側中間部に対してのスパイラルテーピングです。

20110916120809_2

忘れがちな筋肉(小殿筋)も腰痛の原因に

かがしま接骨院ー岐阜市鏡島

http://kagasima-home.a.la9.jp/

世界陸上にて室伏選手がハンマー投げで

金メダルを獲得しました。

A332d4fds_2

自ら回転しながら7.26kgのハンマーを

時速100kmで投げ出す競技で

ハンマーのリリース時には背中に400kgの

負荷がかかります。

この負荷に耐えながら回転する訳ですから

股関節の安定が絶対不可欠です。

股関節の安定には、小殿筋は大きな

役割をしています。

小殿筋は、人が片足立ちした時 大転子を骨盤

に固定維持する働きをします。  (小殿筋)

Image_2

この筋肉が弱ると股関節の安定が低くなり

スポーツ障害はもちろん腰痛、股関節痛、

の原因になります。

小殿筋の 検査、治療、強化法については

当院にお尋ねください。

続きを読む "忘れがちな筋肉(小殿筋)も腰痛の原因に" »

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31