無料ブログはココログ

« スパイラル中部ブロック講習会に参加 | トップページ | 2012-イビガワマラソンーボランティアに参加しました。 »

肩甲骨周辺の筋肉の働き

かがしま接骨院ー岐阜市鏡島

ロンドンオリンピックでは、やり投げの ディーン元気選手が 

決勝に進み 惜しくも 10位と なりました。

数日前 TV画面にて   筋肉隆々の 背中を見せ 肩甲骨を

グルグル回していた ディーン元気選手 さすが このレベルの

選手の筋肉量は すごい!

でも 単に筋肉を いっぱい付ければ ヤリが遠くへ

飛ぶものではありません。

いかに バランス良く 筋肉を付けるかが大切です。


肩甲骨周辺の 筋肉の働きは 次の様です。

 

① 肩甲骨を内側へ寄せる・・・・・第2僧帽筋
                     菱形筋

 

② 肩甲骨を前へ引き伸ばす・・・前鋸筋

 

③ 肩甲骨を上にあげる・・・・・・・第1僧帽筋
                       肩甲挙筋

④ 肩甲骨を下げる・・・・・・・・・・・第3僧帽筋

 

⑤ 両腕を横に開いて上げる・・・第1僧帽筋
                                             前倨筋



肩甲骨の動き・バランスは 首や肩だけでなく

身体全体に 大きな 影響を与えます。

 

スパイラルバランス療法では OT機器による 通流値測定及び

 

S・Tテストによる  筋・腱・関節のバランス判定を行い


身体を 良い状態にする事ができます。  

                    
                     

« スパイラル中部ブロック講習会に参加 | トップページ | 2012-イビガワマラソンーボランティアに参加しました。 »

スポーツ障害・テーピング・捻挫・骨折」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スパイラル中部ブロック講習会に参加 | トップページ | 2012-イビガワマラソンーボランティアに参加しました。 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31